入れ歯・義歯

入れ歯・義歯を長く快適に使うために

入れ歯・義歯を長く快適に使うために

人間一人一人お顔が違うようにお口の中の状態も全く違います。保険の入れ歯ですと、使用する材料、入れ歯の形も決まっていますので、一人一人のお口に合った最良のものを作るのは難しいです。特に部分入れ歯は、使用感の良いものを作るのは困難です。入れ歯を長く、快適に使う場合は保険外治療をおすすめします。
また、保険、保険外を問わず、総入れ歯を、上手く作るのは、大変難しいです。使用する材料よりも、歯科医師及び、連携している歯科技工士の経験と技量によるところが、大きいです。みやざき歯科では、型どりから、最後の微調整まで、各ステップごとに、できるだけ丁寧に行い、狂いのない快適なものを提供するように心がけています。

入れ歯・義歯の種類

金属床総入れ歯

金属床総入れ歯

上あごを覆う部分を金属で作ると薄く丈夫にできるため、違和感、異物感をかなり少なくすることができます。また金属は熱伝道率が良いので、温度を感じることができ、熱いお茶なども飲みやすいということです。味がわかるという人もいます。
もちろん金属なので丈夫で壊れにくいです。

金属床部分入れ歯

金属床部分入れ歯

金属部分入れ歯は、入れ歯の骨格を金属で作るため、丈夫で薄くできるため保険のものよりは快適に使用できます。また、たわみが少ないので噛みやすくて痛みが出にくいです。

バルプラスト(ノンクラスプデンチャー)

バルプラスト(ノンクラスプデンチャー)

金属のばねがないので審美性に優れ、入れ歯をはめていることが外からはわかりづらくなります。入れ歯の大きさを比較的小さ目に造ることができます。また、弾性があるため、丈夫で壊れにくい特徴を持っています。

磁性アタッチメント

磁性アタッチメント義歯

ばねの代わりに、磁石の力で入れ歯を固定するのが磁性アタッチメント義歯です。マグネットで固定するため、金属のばねがないので、審美性に優れの、入れ歯も小さくて済むため、わずらわしさが少なく、食べたり会話したりする際に違和感が少なくて済みます。

入れ歯を入れるメリット・デメリット

メリット

  • 比較的簡単に歯が入る。
  • ほとんど歯を調整せずに作製可能
  • 部分入れ歯から、総入れ歯まで対応可能範囲が広い
  • 総入れ歯は審美性が優れている
  • 自費の場合、素材の自由度から快適性が高い入れ歯の作製が可能

デメリット

  • 保険治療では素材に限りがあり快適性が低く、耐久性にも劣る
  • 調整が必要
  • 部分入れ歯は複雑性から長期間の使用が難しい
  • 安定感が悪く、動いてしまう場合がある
  • 噛む力が弱い

費用(税込)

金属床部分入れ歯 130,000円~
金属床総入れ歯 216,000円
バルプラスト(ノンクラスプデンチャー) 130,000円~
磁性アタッチメント義歯 150,000円~

    ※金額はすべて税込みです。

入れ歯・義歯治療の流れ

型をとればすぐに出来上がるものではありません。色々な工程を確実に行うことにより良い入れ歯は出来上がります。

  • 検査(残っている歯の状態、お口の中の清掃状態の検査、顎の土手の状態の検査)
  • 診断と治療方針の決定
  • 必要に応じて、残っている歯の治療と治療不可能な歯の抜歯(治療する歯の本数と状態により時間がかかることもあります。)
  • 入れ歯を作るための型どり(正確に型を採るために2回に分けることもあります。)
  • 噛み合わせの位置決め(残っている歯の本数が少ないほど難しくなります)
  • 仮合わせ(洋服の仮縫いのようにお口のなかに出来上がる前の状態で合わせていきます。
  • 出来上がった入れ歯の装着
  • 入れ歯の調整(場合によっては何回もかかることもあります。)
  • 一連の治療で病態が、安定すれば、3~6カ月ごとに検診を受けていただきます。
なお当院には現在歯科技工士が在籍しております。院内院外の技工士と連携してよりよい入れ歯を皆様に提供できるよう鋭意努力しております。

入れ歯についてのQ&Aはこちら


ご予約・お問い合わせはお気軽に

越谷市北越谷地域にお住いの方で歯のことでお困りでしたらご相談ください。
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)北越谷駅西口出て徒歩1分

pagetop